Masahiro Sakai (酒井政裕) wrote:

> この H を (N->N)->(N->N) という型の関数として考えるなら、
> 不動点はただ一つだけしか存在しません。
> (最小不動点が既に全域関数なので拡張する余地がないため)

酒井さん

どうもありがとうございました。じっくり考えてまた質問させて頂きます。:-)
(Domain Theoryは手強い)

-- 
Akira Nonaka
http://homepage.mac.com/nonaka/

--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/