野中です。

あるところで「不動点はたくさん有る」という記述をみつけて悩んでお 
ります。

f1(x) :=
	if (x == 0) -> 1
	else  x * f1(x-1)

f2(x) :=
	if (x == 0 ) -> 1
	else if (x == 1) -> 1
	else x * f2(x-1)

H(g)(x) :=
	if (x == 0) -> 1
	else  x * g(x-1)

とします。

最初は「f1もf2もHの不動点になっている」という 
事なのかと思ったのですが、f1とf2は同じものだから不動 
点は一つという気もします。Hには何か別の不動点があるので 
しょうか?

--
Akira Nonaka
http://homepage.mac.com/nonaka/




--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/