On 10/16/05, Takeo IMAI <usitukai / osk.3web.ne.jp> wrote:

>  で、ここにある回路が1回につき1クロック分の動作をするので、nクロック動か
> した後の結果を見るための関数をこさえていました。例えば↓こんな感じです。
>
>  runAuto2 = \ (A f) n -> let (c, f') = f False
>                          in if n == 0 then c
>                                 else runAuto2 f' (n-1)
>

 書き忘れたので追記ですが、型は

    runAuto2 :: (Auto Bool Int) -> Int -> Int

で与えています。


たけを
--
IMAI Takeo <usitukai / osk.3web.ne.jp>

--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/