吉田です。

関西オープンソース2005(kof)の件ですが、事務局の方から

> 29日土曜日 16:00-17:00(1時間)、場所は5D会議室(37名定員)でいかがでしょうか?

との返事が来ました。
こちらの要望どおりRuby関連とは被らない時間になっています。
おそらく反対しても、これより良い時間を割り当てられることは無いと思いますので、
これでOKを出しておきます。

さて具体的な中身についてなのですが、基本的なコンセプトは
「Haskellという言語は他の言語と何が違うか」を説明するということで良いでしょうか。
おそらくHaskellについて語るときに一番最初に語りたくなるのは
遅延評価だとかモナドだとかいったものでしょうし、
こういった言語的な特徴から眺めてみるのが一番やりやすいのではなないかと思います。

前半でHaskellの一般論的な特徴を紹介をして、
後半では実際にHaskellで書かれたプログラムを通じて、
それがどういう風に反映されているかを見るという感じになるでしょうか。
(ソースまで立ち入るのは時間無さそう…)

あと、この同好会自体の説明もしないといけませんね。

何となく頭に描いているプラン
前半
  Haskell同好会の説明
  Haskellの紹介
    何が嬉しいか
    何に向いているか

後半
  プロジェクト紹介
  質疑応答

細かいところは実際に喋る人の裁量に任せてしまって良いと思いますが、
大枠だけでも早いところ決めてしまいたいです。

あと話者も募集中です;)

----
吉田 悠一
oxy / kmc.gr.jp
http://mono.kmc.gr.jp/~oxy/

--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/