> State モナドをなぜ使わないのかも気になったのですが、どう実装するか、と
> いう点を説明するために便利なライブラリをいきなり導入するのは避けたのだ
> と思いました。

はいそうです.^^

> どんどん抽象化していく過程は読んでいて面白いです。
> # 読者がどこまでついて来てるかという疑問はありますが

f(^^;)

> ところで、 lookupTable が Maybe v ではなく [v] を返したり、テーブルで 
> Ord を使って整列しているのには何か意図があるのでしょうか? Prelude の 
> lookup を使うかどうかはさておき、 Eq で良いのではないかと思ったのです
> が……。

これは,後々,いくつかのトピックの伏線になるかなと思ってわざとそうした
つもりですが,本当のところは,最初のアイディアでは,連想リストだけでは
なく,Data.Map を使う実装を考えていた名残だというのが真相です.

- Lazy Evaluation
- Table の実装による効率の差
- 型構築子クラスによる Table の抽象化

とかの話しと結びつけようかと考えていました...

--nobsun

--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/