こんにちは。

On Fri, 15 Jul 2005 10:14:31 +0900, Daisuke IKEGAMI  
<ikegami / madscientist.jp> wrote:
> 今年のPPL サマースクールは Haskell の講義があります。
> http://www.math.kyoto-u.ac.jp/~susumu/ppl_ss05/

Haskell と Summer School といえば、Central-European Functional Programming  
School
(http://plc.inf.elte.hu/cefp/) に参加していて、昨日帰って来ました。
メインの言語がどれかと言えば、Haskell ではなく Clean でしたが。

講義資料は Clean や Erlang、Hume などの言語を紹介していく講義以外
は、大体過去にどこかで発表された論文でした。他にプレゼンテーション
の資料や (D-Clean の本体を除く)当日必要だったプログラムが Web 上か
らダウンロードできます。ダウンロードできるものとしては、Arrow
(による Reactive Functional Programming) のような Dataflow Progrogramming
を紹介するのに使われた Comonad などのインタプリタ (Interp.tgz)
や状態繊維のための言語としてそのための構文を持っている Hume が、
このMailing-list に参加しているみなさんには興味深いと思います。

-- 
shelarcy <shelarcy capella.freemail.ne.jp>
http://page.freett.com/shelarcy/