nobsun です。

> 結城です。
> 楽しく悩みつつHaskellを学んでおります。
> 頭がぐるぐるして楽しいです。

いらっしゃいまし。
 
> ところで、Haskellのいわゆる「原典」というのは、
> haskell.orgにあるThe Haskell 98 Report (Revised)と
> 考えてよろしいのでしょうか?
> -------------------------------------------------
> ◆Definition of Haskell and the Standard Libraries
> http://haskell.org/definition/
> The Haskell 98 Report (Revised)
> -------------------------------------------------

はい、これが原典です。Haskellを名乗る処理系は、ここにある仕様を
満している、プログラムソースを処理できなければなりません。しかし、
それ以上の処理系の拡張については、制約はなく、むしろ推奨されていたと
思います。現時点では、GHC(Glasgow Haskell Compiler)が事実上標準に
なっていると考えてよいと思います。

> いま私は、
> - The Haskell 98 Report (Revised) (http://haskell.org/onlinereport/)
> - Yet Another Haskell Tutorial (http://www.isi.edu/~hdaume/htut/)
> - やさしいHaskell入門 (http://www.sampou.org/haskell/tutorial-j/)
> - http://www.sampou.org/cgi-bin/haskell.cgi
> などを見ながら勉強中です。
> 
> 他にお勧め・定番の書籍やサイトがありましたら
> ご教示いただければありがたいです。
> 
> なお、AmazonでHaskellを探していたら、
> 以下のような本が来年発売になるそうです。
> -------------------------------------------------
> ◆Haskell (ICSS) by Simon Thompson
> Addison Wesley ; ISBN: 0201882957 ; (2005/07/31) 
> http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0201882957/
> -------------------------------------------------

この本は、2000年頃から毎年出版が延期されている
Haskell: The Craft of Functional Programming
(International Computer Science Series)
の第三版のことではないでしょうか。来年は出版されるのかなぁ。

よく引用される定番の教科書としては、Richard Bird の
Introduction to Functional Programming using Haskell (2ed.)
ISBN 0-13-484346-0
があります。

また、Paul Hudak の
The Haskell School of Expression: Learning Fuctional Programming through Multimedia
ISBN 0521644089
という教科書も定番になりつつあるようです。

あと、私の手元にある中では、

Rabhi と Laplme の
Algorithms: A functional programming approach 
ISBN 0-201-59604-0

入門者向けではありませんが、
The Fun of Programming
ISBN 0-333-99285-7

などが面白いと思います。

--nobsun

--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/