(Marathonはリモートにて冷やかし程度に参加した)寺田です。
横レスで失礼します。

中々読みごたえのある論文でした。
「未定の値を取ろうとするとsuspendする」「値が決まるとresumeする」
という点が、正に並行計算における同期変数そのものだと思いました。
で、単一代入により透明性を確保していると。
(だから、Control.Concurrent.MVarあたりをラップして実装できるのでは?
と考えてしまった)
そんな感じで、個人的には、Arrow(Yampa)よりも直観に響くものがありました。

---
寺田 卓史
TERADA Takuji <trad / psg.cs.titech.ac.jp>


--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/