花谷です。

一個人の感想をば。

> 	(1) Haskell の情報を日本語で提供することの重要性
> 	(2) 英語の情報を和訳することでどの程度 Haskell の普及を助けているか
日本語訳を公開されていることに感謝します。
自分の場合は訳がなければ Haskell という名前を知っている程度で
止まってしまったのではないかと思います。

> 	(3) 日本の技術者がどれくらい日本語の情報を必要としているか
書店に(日本語の)出版物が並んでいることは初めの選択のときには重要かもしれません。
英語に堪能な技術者でも、日本語よりも英語の方が得意という人はまれだと思うので
きっかけが日本語情報である確率は高いのではないでしょうか。

> 	(4) その他何でも日本語で情報を提供することに関して思うこと
必要に迫られてなくて何となくどんなものかを知りたいときに、
日本語情報の有無は敷居の高さに直結するように思います。
そういう「何となく」の層に浸透すれば普及しやすくなるかと。
また、同種のソフトウェアがある場合は、
日本語が使えるか以外に日本語情報の多寡が選択の基準になり得ると思います。


--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/