From: Masahiro Sakai (酒井政裕) <sakai / tom.sfc.keio.ac.jp>
Subject: [haskell-jp:38] Re: 参加します。
Date: Thu, 27 Feb 2003 21:44:03 +0900 (JST)

> ちなみに、逆にC++での技法を関数プログラミングに
> 持ち込もうという方向の動きもあったりします。
> 
> Template metaprogramming for Haskell
> http://research.microsoft.com/Users/simonpj/papers/meta-haskell/
> とか。

C++での技法、というよりは型付きマクロという感じですね。
C++のtemplate metaprogrammingはどうも、本来そういうつもりで
導入したんじゃない機構を無理矢理使っている風情で、
turing machineかchurchのlambda calculusで直接プログラムを
書くのとどっこいどっこいのように思えます。

ところで普段はruntime typingべったりの私ですが、Lisp/Schemeで
マクロを書いてても、時々型情報にアクセスしたくなることがあります。

--shiro




--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/