豊福です。

原さん
> fixpoint g = (\x -> g (x (T x))) (\(T x) -> g (x (T x)))
  ...
> ([haskell-jp:220] のを改変)

  fixpoint g = let h y = g (\x -> psi y y x) in h (PsiInv h)
から
> fixpoint g = (\x -> g (x (T x))) (\(T x) -> g (x (T x)))
への変形を理解するのに1時間もかかってしまいました。(;_;)

  Haskell からは離れますが話の流れのついでで、

> Q1. 解説文「自己言及の論理と計算」
>   http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~hassei/selfref.pdf

  {Ω -> {bottom,top}} = Ω となるΩを構成する話が非常に
面白く興味深く読みました。

これのレポート問題
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~hassei/questions.pdf
の問題2の答えの X3 がわからない(手作業でやると手に負えそう
にないような気がする)のですが解いた人いませんか。
---
                        豊福
                        nobu_toyofuku / nifty.com


--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/