森若@九州です。

From: Nobuo Yamashita <nobsun / sampou.org>
Subject: Re: [haskell-jp:203] 参加します
Date: Wed, 27 Aug 2003 00:22:27 +0900 (JST)

> > 最近はPythonを主に使っているのですが、そろそろ
> > やりたいことがさくっとできるようになってきたので、
> > 新しい言語を勉強しようと思い、Haskellに挑戦中です。
> 
> Python から Haskell への感覚の切り換えがどんなものか
> 興味があります。違和感があったりしますか?(なかったりしますか?)

違和感ということでいえば、Pythonはほとんどあらゆるものに
明示的に名前をつける文化なので、lambda演算、カリー化、 . 演算などで
名前のつかない関数を作るスタイルは新鮮です。

遅延評価やリストの内包表記は割とすんなり頭に入りました。
Pythonのリストの内包表記よりHaskellのそれのほうが、
遅延評価で生成されるので、うまく使える場面があれば強力だと思います。

今はモナドが頭に入らなくててこずっています。
# Haskellそのものより先に関数型言語の理屈を勉強したほうがいいのかも…^^:

ではでは。
-- 
Kazuo 8(∵)8 Moriwaka
e-mail: kankun / osa.att.ne.jp
Simple, Fun, and INDENTED!



--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/