nobsun です。

> 先日 LL Saturday というイベントに参加してきました。
> http://ll.jus.or.jp/
> 
> こちらのMLにも参加された方が結構いらっしゃるようなので
> お聞きしたいのですが (^^;
> Haskell も Lightweight Language と言えるのでしょうか。
> "LL とは何ぞや" という話をちょうど聞き逃してしまいました..

まつもとさんの資料が出ればわかるかなぁ。

記憶によれば、もともと、MIT で行われた LL のWorkshopの
チェアは、特にはっきりした定義をわざとしなかったとのことでした。
つまり、すきに「俺定義」をしてよいということだったらしい。

まつもとさんの「俺定義」ではプログラマの「脳力」を疲弊させない、
プログラマにやさしい、プログラマにとって Lightweight な言語という
ような主旨でした。詳細をぜんぜん覚えてない。

> もし Haskell も LL なら次回は是非!

もちろん、その意味で Haskell は LL でしょう。

> -- 少なくとも PHP には勝てそう.. (言っちゃったっ)

なんて、謙虚な。Ruby にだって、(ぴぃー)るさ!

--nobsun


--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/